水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS けんぷファー 第12話(最終話)「臓物たちの奇跡」

<<   作成日時 : 2009/12/20 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)築地俊彦・メディアファクトリー/臓物アニマルカンパニー
画像

画像

画像

番外編、ナツル達とアニマル達の中身が入れ替わってしまう話。
EDのキャスト表もしっかり入れ替わっていて、野村道子がトップに来るという事態に。

ハラキリトラ以外のアニマル声優陣は普通にヒロインやっている連中だから良いが、やはりナツルの姿で野村道子の声は喋っているだけでいちいち笑える。



画像

画像

画像

キャラ的には雫とカンデンヤマネコがかなり雰囲気変っていて面白い。
ぬいぐるみにされたほうの本来の雫がナツルを踏んづけてますが、やはりアニマルになってもヒロインの中では雫が一番活躍するんだな(笑)。




画像

「少し頭、冷やそうか」

また、どっかで聞いたような台詞を言ってる田村ゆかり。本来の「少し、頭冷やそうか」と微妙にイントネーション変えているのね。
ただ、その場に水樹もいるのだから、ここは二人でネタやるところだろう。



画像

で、なんだかよく分からないオチで終わりました。

正直、全13話ならまだしも12話終了で、この話はいらないなあ。出だしは面白かったですが、Bパートになると、「生きているって素晴らしい」を延々繰り返すだけで、だれてきたし。
DVDの映像特典で「ぞうもつ奇想天外」とか「臓物フレンドパーク」とかやるらしいですが、そういうショートで十分なネタ。
こんな話をTVで最終話としてやるなら、前回のやけに詰め込みだったラストバトルを2話分かけて、一撃でやられた白けんぷファー戦で11話、その後のナツル・楓の話で12話っていうような感じでやった方が良かったと思います。




画像

最後に。
当初、楓がヒロイン扱いされていた頃はどうも微妙な出来だったのですが、明確に悪役なのが分かった頃から面白くなってきました。ちょうどそのタイミングでプールだ風呂だとサービスも凄かったし(笑)。
ですが、これからというところでアニメは終了。

楓が脱落した後は、雫が完全にヒロインポジションでかなり良いキャラになってくれましたが、一方で残りの紅音と水琴の出番が少なかったのがちょっと残念。

これから本格的に楽しめそうだっただけに、やはり続編をお願いしたいです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
けんぷファー 第12話(最終話)「臓物たちの奇跡」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる