水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS おまもりひまり 第1話「猫と少女とアレルギー」

<<   作成日時 : 2010/01/08 23:41   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009 的良みらん/富士見書房/おまひま製作委員会
画像

画像

恐ろしいほど作品数が多くて賑わっていた10〜12月から一転して、悲しい作品数になりそうな1〜3月期。
あまり集中するとDVDの売り上げにも影響しそうだし、もう少しバランス良くならないかと思うのですが、まあ作る方にも色々事情があるのでしょう。

で、今期最初は「おまもりひまり」
原作は単行本1巻だけ読んでいます。



画像

画像

おとなしい感じの主人公と、世話焼きで元気な幼馴染み、ちょっとイケメン風の友人という3人がいて、そこに美少女が転校してくるという、なんとも学園ものの王道キャラ配置。

そして同時に現れる敵。
変な画面分割はありましたが、戦っているシーン自体は良い動きでした。



画像

画像

なんか緋鞠より、襲われている優人役の平川大輔の喘ぎ声が変にエロくて困る(笑)。いやBLじゃないし、そんなエロさ発揮しなくて良いですから!

まずは主人公の所にヒロインがやってきて、最初の戦いが起きて緋鞠が名乗って終わるという、典型的な導入で上手くまとまっていた1話でした・・・



画像

画像

と思ったら、まだAパート終わっただけだった!

原作に非常に忠実なアニメ第1話なのですが、普通1話使ってやりそうなネタをAパートだけで終わらしてしまいました。一応Aパートが原作の第1話に相当します。

そしてBパートが原作第2話部分。
凛子が緋鞠に勝負を挑む話。



画像

画像

本人が運動神経良いからでしょうが、いきなり屋上に飛んで現れたり、刀振り回して戦う”猫”相手にスポーツで勝負しても、そりゃ勝てないだろう。もう少し何か勝てそうなもので勝負すれば良いのに。
凛子、運動神経は良くてもあまり頭は良いキャラじゃなさそうだな。

ここで、”化け物”発言して後悔するわけですが、こういうエピソードはまだ早いよなあ。この時点ではまだ緋鞠に何か裏があるかもと考えてもおかしくないレベル。もう少し緋鞠の事を凛子が理解してからやった方が良いネタだろうに。



画像

そしてもう三人目のヒロインの影が迫ってます。

これも流れとしてはほぼ原作通りな訳ですが、普通だったらもう少し雑魚敵相手にしながら緋鞠と凛子だけで話しを進めるでしょう。
原作読んでいたときは特に気にならなかったですが、アニメで見ると非常に速いペースで進む展開にちょっと驚きです。でも変にダラダラ引き延ばして進むよりは、早い方が見てて飽きないから良いですけどね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おまもりひまり 第1話「猫と少女とアレルギー」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる