水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 真・恋姫†無双〜乙女大乱〜 第12話(最終話)「群雄、于吉を討たんとするのこと」

<<   作成日時 : 2010/06/27 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)BaseSon/真・恋姫無双製作委員会 2010
画像

いよいよ劉備に主役らしい出番がやってきた最終回。

それにしても9話が「群雄、董卓を討たんとするのこと」で今回が「群雄、于吉を討たんとするのこと」って、もう少しタイトルなんとかならなかったものか。


画像

画像

「噛んだ!」
公孫賛の下にいつもの悪役3人をいれていたのは、ちゃんと意味あったのね。




画像

画像

画像

画像

以前親衛隊として甘寧の下にいた呂蒙ですが、軍師になり甘寧に急かされて指示を出すとかちょっとした場面ですが、こういうのが所々に見られて嬉しいです。

ということで、まあたくさんのキャラが出てきました。これまでずっと留守番だった黄忠も、少しだけですがやっと見せ場が。

時間がなくて、10面の陣がほとんど戦うシーンもなく、各キャラの台詞だけですぐに陣を開いていってしまったのがちょっと残念だったかな。
それでも、これだけ多くのキャラを登場させて、ちゃんと話を動かすシナリオには、ただ感心するばかりです。




画像

画像

「仮面を付けるのは、顔を隠すためよ!」

なんか、この2人の場合は仮面付けなくても見分けがつかない気がするのですが(笑)、劉備と張角、最初からどうも似たようなデザインだと思っていたのをまさかこんな形で使ってくるとは驚きです。
そして華蝶仮面が渡していた仮面も今まではただのネタだったのに、最後には役に立つというのが凄いなあ。



画像

画像

ついに来ました、総勢58名!
もう30分物のアニメとして1話に登場した声優の数は史上最多だろうな。

もともとのゲームからのキャラだけでなく、アニメでは欠かせなかった悪人トリオにまで台詞があったのが素晴らしい。
主要キャラで、今回台詞がなかったのは張譲、鳳統、水鏡先生くらいかな。



画像

ということで、アニメとしては通算3期目となる今作も見事な内容でした。
これで終わってしまうのが非常に残念。面倒な後始末を曹操に押し付けて、曹操がそれを意味ありげに受諾していたりと、今後のネタも仕込んでやろうと思えばまだ続きが作れるようになっているので、4期はDVDの売り上げ次第といったところかな。

惜しまれているうちに終わったほうが良いというのもありますが、でもこの作品については、まだまだ続きを見たいですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真・恋姫†無双〜乙女大乱〜 第12話(最終話)「群雄、于吉を討たんとするのこと」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる