水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 世紀末オカルト学院 第13話(最終話)「マヤの文明」

<<   作成日時 : 2010/10/06 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やっとPCが帰ってきたので更新再開します。


(C)A-1 Pictures/Aniplex・テレビ東京
画像

画像

12話の次回予告で教頭が出ていたので、復活するのかと思ったら回想シーンでした。
前回死んだキャラは最後まで死んだままだったようで、その辺はしっかりした作りで良いなと思います。



画像

画像

で、美風を倒して解決かと思ったら、まだ鍵はあったと。写真を撮ったときに文明も一緒に写っていたとか、なるほどという感じです。

マヤは意図的ではないにしろ、結果的には自分の行動が鍵を作ってしまったというのは悲惨だ。




画像

画像

で、素直に未来に返せば何も問題なかったのを、母親に会いたいために文明が少しゴネて、さらにマヤも「行くな」とか言い出します。

まあ文明はともかく、マヤってそこまで文明に思い入れするほど2人の関係なんて出来ていないと思うのだが。
ずっとヘタレたままだったしなあ。



画像

画像

結局文明は小さい頃の自分と会ってしまい、予言通りになるわけですが、文明が子供の方から力を受け取って特攻。これで大人の文明が死ぬことでギリギリで防げたということなのかな。

あと大人の文明が力を失っていたのは、このとき吸い取られたからということか。



画像

画像

画像

マヤはここで小さいほうの文明と出会うことになるわけですが、一応母親もいるし、この後どうするのだろうねえ。
マヤと母親は最悪な状態で別れているし、このまま母親とはあわせないでマヤが育てたとかだろうか(笑)。

これで未来は救われたということみたいです。
最後はどうもマヤと文明が結婚して父親と一緒に生活しているような感じでしたが、やはり幼いほうの文明が成長してから年の差カップルで結婚したということなのだろうなあ。ちょっと低くなったマヤの声しか聞こえてこなかったので正確にはわかりませんが。



画像

最後に。

最初の掴みは非常に良かったものの中盤ちょっとダレた感じがして、特に”あかり”の話はいらなかった気がするのですが、でも最後はかなり上手くまとめたのではないでしょうか。
唯一の不満はあまりにも文明がヘタレ過ぎだったことかな。もう少しやるときはやるキャラだと思っていたのですが、

メインのストーリーについては、オチも含めて色々ハッキリしない、不明点を残したまま終わった感じですが、その辺は見た人が勝手に考えてくれということで、実は制作側も正確に決めていない部分もあるのではという気がします。

正直放送前はそれほど期待していなかったのですが、始まってみればかなり面白い作品でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世紀末オカルト学院 第13話(最終話)「マヤの文明」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる