水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1話「俺が妹と恋をするわけがない」

<<   作成日時 : 2010/10/11 01:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP
画像

画像

新番組2つ目「俺が妹と恋をするわけがない」。更新が遅れたため、放送からほぼ一週間遅れになってしまっていますが、なんとか早めに追いつこうと思います。

普通の娘と思っていたら、実は凄いオタクだったという作品はいくつかあると思いますが、妹がというのは珍しいかな。


画像

兄のカマかけと罠に引っかかってDVD(および中のゲーム)の持ち主としてばれる妹。
兄に冷たくしていたとはいえ、それほど擦れた性格でもないようだ。

ところでこの兄妹。どうみても学生だと思うのだがアニメは良いとして、エロゲーって良いのかという根本的な疑問があるのですが。



画像

妹はガチなオタクなのに対して、兄は一般人らしいですが、「おまえはプロか、プロなのかー!」って言い回しが全然一般人になってないな。

昔、主人公もヒロインも一般人で友人に悪の道に引き込まれた「こみっくパーティ」の2人は、ちゃんと一般人に見えましたが、こちらは妹は、一般人を装っているオタクっていう感じが出ていると思いますが、兄の方はよほどこいつのほうが典型的なオタクタイプに見えます。
この辺は、原作者の技量の限界なのか、読者が感情移入出来るような主人公として意図的にこういうキャラにしたのかはわかりませんが。



画像

「なんでこんなに箱がでかい?」というのは確かに今となってはエロゲーというか、ビジネスソフトも含めてPCソフト全体の謎。まあ箱がでかい方がなんか落ち着くのもまた事実なんですけどね。

しかし、妹ゲームにはまっているのは分かったけど「School Days」はどうなんだ。



画像

画像

画像

この辺からツッコミ所満載になるわけですが、まず「北米版」って(笑)。もしR-18だったらそれの北米版というのは色々やばい。まあここで出てきたのはたぶん一般作でしょう。というか一般作であってくれ。

そして兄の方も、妹の趣味を知らなかったのは良いとして、モデルやっているのを知らないというのは酷いな。
この感じだと両親も知らないのか?
ちょっと雑誌に載っただけならともかく、買ったゲーム等の量からそれなりに売れてそうだし、その仕事を知らない家族ってどんだけ冷え切っているんだと思ってしまいます。



画像

画像

”妹と一緒に妹を攻略するゲームを攻略する兄”、しかも深夜に(笑)。

ゲームで妹キャラを蹴り飛ばす選択をしたら、妹に蹴り飛ばされるシーンは予想できたけど面白かった。
まあ、とにかく1話はそれなりに楽しめましたが、今後はどう展開するのだろう。
「こみパ」の時に一般人だった高瀬瑞希がだんだん染まっていって、コスプレまでするようになるのは萌える展開だったが、兄がだんだん染まっていくのを見ても面白くないしなあ(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1話「俺が妹と恋をするわけがない」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる