水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2話「俺が妹とオフ会に行くわけがない」

<<   作成日時 : 2010/10/17 01:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP
画像

同じ趣味の話が出来る友人を探す方法と言うことで、主人公の友人に相談してオフ会とか出てくるわけですが、そもそもこの友人がオタクっぽい感じで、この娘自身が話し相手になりそうなのだが。



画像

画像

さすがというか、2話目にして秋葉原です。
店舗や地名など、そのままの名称を使っているものもあれば、「ふくばエクスプレス」とか「ワバチィー」みたいに変えているものもありますね。
スポンサーとか商品販売とか作品で協力関係にあるのは名称使えるのでしょう。



画像

画像

京介はでかい女が「佐織」だったことで吹き出しますが、こちとらその前に「拙者」と言った時点で吹き出したわ。
この後で桐乃から「何年前のキモオタだよ」と言われますが、確かに昔「こみパ」にこんな容姿で”拙者”としゃべる”男”がいたけど、これを女キャラでやってしまうのはある意味新しいと思うのだが。

ところで、現実の話、その類の店に行くと女はまあ昔からオタクに見えない格好の人はいたけど、最近は男でもなぜその容姿でオタクっていう男が多くなってきた気がする。

一方桐乃のほうですが、そりゃ隠れ趣味がオタクでも、モデルやるような女子が気合い入れた格好でくれば浮くわな。


画像

画像

ギアスみたいな作品となのはみたいな作品好きの間で対立が起きたものの、結局これで話せる友達を作れたみたいです。

・・・まあ、実際には初対面でこんだけお互いの好きな作品罵るような女同士で友情が出来るとはとても思えないですが。
女性の場合、カップリングの受け攻めが逆転するだけでも両者で対立が起きるらしいしね。



画像

画像

同人誌のリアルさはもちろん、本についている紹介の紙の再現度に笑える。
それぞれの作品でエロとBLというのも見事。
って、お前ら中学生だろ、なに成人向けコーナーに入っている。買わなければセーフという問題ではないと思うのだが。

あと「芸術にキャストオフ機能はいらないでしょ」に笑った。



画像

今回は佐織が3人をつれて2次会をやってからの展開はかなり面白かった。今後の話にも期待出来そうですが、でも京介が言っているとおり、悩み相談も終わったし後は何やるのだろう。
お約束のコミケいく話とかがあるのだろうか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2話「俺が妹とオフ会に行くわけがない」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる