水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS BLOOD-C 第11話「たれをかも」

<<   作成日時 : 2011/09/24 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

誰をかも知る人にせむ高砂の 松も昔の友ならなくに(藤原興風)

つまりどこかのTV番組でいう「実はここにいる人達は皆、小夜以外全員仕掛け人。これには小夜も思わず苦笑い」という話でしたか。

まあ本当の事を知らないまま本当に死んでしまった人もいるみたいですし、4話で「話が違う」とか言っていた3人組なんかがまさにその本当に死んだパターンなのでしょう。

それにしても、真相が分かったことよりも小夜以外のメインキャラがここまで屑だったということに驚いた。特に双子の屑ぶりが凄い。




画像

画像

画像

元々は自分の意志で戦っていた”小夜”を捕らえて、記憶をすり替えた上で”更衣小夜”として何かの実験をしていたということですね。
小夜から抜き取った血は、小夜を捕らえた敵(父親?)とかに与えているみたいです。



画像

画像

いやー、みんな悪い顔だなあ。
せめて先生はもう少しマシな人だと思ったのになあ。
学会どうこう言っているあたり「ひぐらしのなく頃に」の鷹野三四と同じようなパターンですが、鷹野に比べると随分小物ですね。



画像

双子は「早く帰りたいしー」とか言って、そのために先生に協力したみたいですが、そもそも設定上死んだ時点で双子の出番はもう終わりだろうから、逆に何でまだ残っているのだろう。
なまじ残っていて下手に小夜に見つかったほうがまずいだろうに。

まあ雇った方としては報酬渡して帰すより、口封じの為に殺してしまうほうがありえそうだけど。



画像

で、一番怖い人が登場して次回に続きます。
しかし小夜、今回ずっと画面に出てはいたのに、まともな台詞何も喋らなかったな。「あっ」とか「はっ」とか最後までそんなのばかり(笑)。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BLOOD-C 第11話「たれをかも」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる