水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ドキドキ!プリキュア 第4話「お断りしますわ!私、プリキュアになりません!!」

<<   作成日時 : 2013/02/28 01:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)ABC 東映アニメーション
画像
画像

変身シーンがそのまま映ってる監視カメラってどんな代物だ!
確かに分かりやすいけど、せめてそこは、いかにもカメラがとらえました的な角度の映像作って欲しかった。
これじゃただの手抜きに見えるし。

しかし監視カメラで正体ばれたプリキュアって初じゃないか。



画像

ということで、1話から登場していたものの、今回からやっと本格的な出番となりました、四葉ありす。
財閥令嬢というお嬢様で、財閥がオーナーを務めているクローバータワーでマナが変身したため、その映像からプリキュアの正体を知りました。
その説明だと後から変身した六花の事は知らないはずですが、まあランスから聞き出したか、町中にある監視カメラでそちらも見たのでしょう。
何せジコチューが現れたら即座に場所を特定できるという、すごい情報網を持っているようなので。



画像
画像

そんなありすと財閥のサポートを受けてジコチューが現れた現場に駆けつけるマナ達。
車に揺られて酔ったり消耗したりで、酷い名乗りに。この辺は2人の声優さんの演技が見事でした。
何故車の上に乗っているかというのは、ありすの差し金か(笑)。

この場所に駆けつけるまでのありすは、プリキュアをプロデュースしたいと言って家の財力をフルに活かした、いかにもお嬢様らしい行動でした。
しかし、ここで何故一緒に戦わないとかと詰め寄る妖精のランスに「すでに勝負はついています」と相手が攻撃出来なくなる事を予測する台詞を言います。これは情報収集ではなく、戦いの流れを読めているということ。
お嬢様なありすが何故そんな事まで分かるのかと不思議に思いましたがすぐに答えが分かります。



画像

なんとお嬢様ゆえ、数々の習い事をしてきていて、空手だの合気道だのと武道全般もこなしていたということらしい。

まあ、この子供の頃のエピソード、表情はともかく、とても小さい子に見えない低い声や台詞、いくら稽古していても体格差がありすぎなやつに勝てるのかとか、色々やり過ぎな気はしました。もうちょっと成長してからの話でも良かったんじゃないかな。

あと、マナと六花だけでなく、ありすも小さい頃からの親友なのね。前回までほとんど2人と関わるシーンが無かったので、ありすは中学以降に2人と知り合ったのかと思ってました。



画像
画像

押さえが効かなくなるかもしれない自分に迷ったものの、セバスチャンやランスの説得でプリキュアになることを決意するありす。

このシーンはプリキュアとしてはかなり珍しい展開になりました。

最初の変身前に自分の性格ではプリキュアの力は危険とか悩んだり、そもそもこんな早いタイミングでプリキュアの正体を知る大人が出てくることすら異例ですが、力を得ることを悩むヒロインに大人が背中押してあげるとか、これまでには無かった展開に驚くばかりです。

あと妖精のランス。登場した四匹のなかでは一番子供っぽいのでトラブルメーカー的な存在かと思っていました(実際迷子になってるし)が、今回「君に会うためにこの世界に来たんだ」とか、ありすに対してなかなか熱い台詞や行動を見せてくれました。皆さんなかなかしっかりした使命感を持っているようで大変よろしい。



画像

ジコチューとの戦いでピンチの二人の前に現れるありす。凄い格好良い映像で登場です。
”可愛い”が売りのキャラだと思っていたのに、こんな格好良い姿を見せる娘だとは思いませんでした。



画像
画像

「ひだまりポカポカ!キュアロゼッタ!」

イーラの台詞じゃないが、なんじゃそりゃ!
どうして黄色プリキュアはこう毎度ネタ枠なのか。
って、”あざとい”とかはともかく、ネタに走ったという意味では「はじけるレモン」の人と「じゃんけんぽん!」の人だけで今回でまだ3人目なのだけど、やはり過去2人のイメージが強烈すぎるな。
変身バンクは現状の3人の中ではスピード感があって、一番出来が良いように思います。



画像
画像

「世界を制するのは愛だけです。さあ、あなたも私と愛を育んでくださいな!」

可愛いと言えば可愛いけど凄い事言ってるなこの娘。告白の台詞ですか。
展開上、毎回言うわけでは無いでしょうが、聞くたびに恥ずかしくなりそうな台詞です。




画像
画像

小さい頃にマナを守って暴れてから武道関係の習い事は止めたと言っているので、今の基本能力がよく分かりませんが、それでも今回の話見ていると結構戦える娘なのでしょうね。
技が防御系なのは、これで攻撃系の技だと手に負えなくなるからかな。

1話からお金持ちのお嬢様でおっとりした性格というのは分かっていたので、サポートでは活躍するも、戦闘力は一番頼りない存在(昨年だとキュアピースの位置)かなと思っていましたが、実は戦いの流れを読んだり、自身が戦ってもかなり強いというキャラだというのには驚きました。

本作ではプリキュアに変身するヒロイン達は優等生という事前情報でしたが、このありすもここまで凄いキャラだったとは。



画像

そして残るはキュアソード。マナと同じく監視カメラでしっかり正体ばれています。

しかし、3〜4話の予告ではたとえサブタイトルが”お断りします”でも映像で変身バンクが流れていて新プリキュアの誕生が分かってしまっていたのですが、次回の予告にはそういうシーンはありません。
キュアソードがマナ達3人と行動を共にする仲間になるには少し時間がかかるのかな?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドキドキ!プリキュア 第4話「お断りしますわ!私、プリキュアになりません!!」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる