水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ドキドキ!プリキュア 第1話「地球が大ピンチ! 残された最後のプリキュア!!」

<<   作成日時 : 2013/02/04 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)ABC 東映アニメーション
画像

2013年度プリキュア第1話。
画面だけ見てると分かりづらいですけど、どうも国が滅ぼされて守っていたプリキュアも皆倒されて、キュアソードが残った再度の一人と言う事みたい。
まあその辺は追々説明があるでしょう。
2年前の「スイートプリキュア」1話みたいに本来出すべき主人公達をほったらかして、延々と妖精世界の状況を描写されても見る気力が失せますので、この辺はアバンで終わらせてくれたのは助かりました。



画像

で、Aパート。
本作の主人公、相田マナ。勉強やスポーツはダメだけど元気とか優しさが人一倍といった典型的な主人公タイプと異なり、皆から頼られる生徒会長で運動神経抜群、加えてこれまでの多くの主人公達が持っていた他人とすぐ友達になれたり、困った人への面倒見の良さとかもしっかり備えているというハイスペックなキャラで今のところ欠点が見つかりません。
おそらく頭が良いという頭脳労働部分は今回一緒に行動していた菱川六花が担当でしょうが、マナ自身も「犬も歩けば?」と聞かれて「ここ掘れワンワン」とか答えてしまうような前任(笑)と違って、全く勉強が出来ないと言うことは無いでしょう。

こういうタイプの主人公で今後どんな物語になるのかは非常に興味深いです。



画像

あと声を当てている生天目仁美さん。
個人的には「トータル・イクリプス」のクリスカみたいなちょっと大人っぽいタイプのキャライメージが強かったので、こんな可愛い主人公タイプの演技も出来たのかという事に驚きました。



画像
画像

後にプリキュアになるであろう人たちも1話で登場。とりあえず顔見せですね。



画像
画像
画像

超高層のタワーの階段を上りきり子供を助ける行動力というか体力。本当凄い主人公です。

さらに敵に説教したり、話かけてきた妖精に全く驚かず普通に対応してしまう適応力。
流石にこの辺はちょっと感覚がずれてる気がしますが、妖精が言ったとおり只者でないのは確かでしょう。



画像
画像

マナの危機に現れたキュアソード。
シリーズ最初の敵を主人公以外が倒してしまったというのは驚いた。まさか今週これで終わりかと焦りましたが、流石にもう一体敵が用意されていました。

それにしても敵の名前は”ジコチュウ”。列に並ぶのに疲れて横入りしたいという”自己中”な欲望から生まれたのですから確かに合っている。横から入るから横歩きのカニというのも面白い。

あとここ最近のシリーズだとバッドエンド空間とか敵が何か行動を起こすと周辺の人間全てに作用していましたが、今回はそういう影響は無いのね。現れた怪人から普通に人々が逃げ惑うから結構被害が凄そうだな。



画像
画像

カニに切断されそうになったり、危うく千メートルダイブしそうになったりと、1話から結構酷い目にあっているヒロイン達。
1話からこんなの見せられると、この先プリキュア達にとっては結構苦しい戦いになるのでしょうか。



画像
画像

変身バンク。
髪型が大きく変わるのはプリキュアではよくあることですが、髪の色がここまで変化するのは、東せつな(キュアパッション)の例などもありますけど、主役では珍しい。

デザインについてはちょっとゴチャゴチャしているのが気になります。前作がシンプルだっただけに余計に。
恐らく初の長袖もなんかだぶついた印象になって戦うヒロインとしてどうなのだろうと思います。
まあ実際格好良く動いてくれれば気にならなくなるとは思うのですが。

ところで主人公初の変身バンク中に敵の映像挟むのはどうかと思います。それはせめてバンクが始まる前か後にしようよ。



画像

前作に夢中になりすぎた反動か、実はそれほど期待していなかったのですが、思っていたよりは楽しめました。
前作ではプリキュア5人の描写に力が入っていて、あまり全体のストーリーという物は無かった(それが悪いと言っているわけではありません)のに対して、今回は少し凝ったストーリー展開もありそうです。
そして、これまでにない優等生主人公を中心とした物語がどんな感じになるのかというのは今後注目したいポイントです。

一方、気になる点もいくつかありました。
まだ1話ですのである程度今後を見てみないと分からない部分も多く、あまり今の段階でアレコレ言うつもりはありませんが、一点だけ。

BGMが盛り上がらない。

今回から音楽は初期の佐藤直紀、2代目高梨康治に代わって3代目になりました。
その辺が不安でもあり、楽しみでもあったのですが、1話見た限りでは非常に不満です。
特にアバンのキュアソードにとって絶望的な状況、マナの危機に駆けつけたソード、そしてマナの変身。
この辺が今回一番盛り上げる部分だったと思うのですが、どのBGMも全く印象に残らない。
変身バンクのBGMを失敗するとかなり致命的ですし、言うまでもなく音楽というのは1年間使い続けるものなので、これがダメだと、かなり今後つらいことになるだけに非常に心配です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドキドキ!プリキュア 第1話「地球が大ピンチ! 残された最後のプリキュア!!」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる