水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 進撃の巨人 第15話「特別作戦班 ―反撃前夜(2)―」

<<   作成日時 : 2013/07/26 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
画像

今更ですが、「進撃の巨人」です。

発売されている単行本10巻まですでに読んでいて、先の展開を知っている状態で取り上げても、と思って見送っていたのですが、プリキュア感想を止めたため、今期取り上げている作品が「シンフォギアG」しかないという状況はさすがにどうかというのがあり、残り話数もそれほど無いと思いますが、途中から取り上げようと思います。

単行本を先に読んでいるので、アニメの展開より先のネタバレを書いてしまう場合があります。



画像
画像

「みんな、死んだ甲斐があったな」は泣ける台詞でした。

単行本10巻までの中では一番盛り上がるであろうウォール・ローゼの破壊された扉を岩で塞ぐ話、1クールならここで終わらせればちょうど良い切れ目だったと思うのですが、2クール目に入ったとなると、この後どこまで話が進むのだろうなと気になるところです。

この後だとどこで区切っても中途半端で終わってしまう印象があります。かといってオリジナル展開とかは絶対に止めて欲しいところ。



画像
画像

と前置きが長くなりましたが、今回の14話。

エレンが調査兵団と行動を共にする事になり、そこの変人、ではなく(笑)、精鋭達と初対面です。当面はこの人達が話の中心になるという事もあってか、新OPでも目立っていました。



画像
画像
画像

特に今回はハンジが凄い。
ハンジの行動に振り回されている部下の「あんた本当に死にますよ!」は一連の巨人に対する実験の中では一番面白かった台詞。

見た目の行動はともかく、実験の内容自体は妥当なもので、ハンジ自身も意外と必死にやっていると思うのですが、周りから見たらこれほど心臓に悪い隊長もいないでしょう。



画像

画像

「君には何が見える? 敵は何だと思う?」

しかし必死に調べていた巨人を何者かに殺されてしまい、取り乱すハンジ。

エレンが巨人になれるという事は、彼が唯一の存在と言う事は考えづらく、他にも同じ事出来る奴がいると思った方が自然。
突然現れて消えた超大型巨人などは明らかにそのタイプだし、そもそも普通の巨人だって中に何が入っているのか怪しいものです。巨人の中でエレンがいたところと同じ所を切ると死ぬわけだし。
エルヴィン団長の問いかけは、人間の中にどこに敵がいるのかを探る問いかけだったのでしょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◎進撃の巨人第15話特別作戦班
ロ:結論はでた|調査兵団扱いとなり壁外調査に備えることになった[旧調査兵団本部]オロウ>こんなに壁から離れた本部なんて無用の長物だ>この飾りがお前を囲っておくにはサイ的名物件... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2014/04/24 17:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
進撃の巨人 第15話「特別作戦班 ―反撃前夜(2)―」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる