水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 進撃の巨人 第18話「巨大樹の森―第57回壁外調査 (2)―」

<<   作成日時 : 2013/08/15 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
画像

女型の巨人と戦闘したジャン達3人。
馬が一頭しか残らず誰かを置いていかなければならないという状況の中で、信号弾の合図でクリスタが馬連れてやって来てくれました。

女型の巨人がいなくなった後に、良いタイミングで現れるので、ちょっと疑ってしまいますが、その後巨人が戦闘中にも普通にジャン達と一緒にいるので、巨人の正体というわけでは無さそうです。



画像

アルミン「神様」
ジャン「女神」
ライナー「結婚したい」


ライナー顔まで変わって何言ってるんだ(笑)。
主要キャラでも変わった性格の人たちばかりのなかで、唯一、普通のヒロインと呼べる存在か。



画像

今回も長距離索敵陣形の描写が素晴らしかったです。
前回説明が若干省かれた、緑の信号弾を皆が撃つところも今回はちゃんと再現されていました。



画像
画像

ジャン達が再び移動し始めた頃、女型の巨人はさらに暴れておりました。
知能があるため、飛んでかわしたり、兵士のワイヤーを掴んだりと普通の巨人ではやらない行動をするので強敵過ぎます。

しかしワイヤー掴んで人間ごと振り回すとはなんて酷いことを。
エレンじゃない人たちには容赦しないようです。何故前回アルミンを(2回も)見逃したのかは怪しいところですが。



画像
画像
画像

おそらくはその迫り来る女型の巨人に対して、かつては観光名所だったという巨大樹の森にやってくる一行。
中央の部隊は森の中へ、それ以外の部隊は通常の巨人を森の中に入れないようにするのが作戦。

エレンの位置が兵士によってバラバラに伝えられていたのと同じく、この作戦も一部の隊員にしか事前に知らされていなかったようです。
アルミンは団長の意図を、女型の巨人がエレンを狙ってくることを予想した上で考えたの作戦と予想します。



画像
画像
画像

そして森の中へ現れる女型の巨人。

一部の兵士が食い止めますが、全く歯が立たず。
リヴァイ班の面々はここで巨人と戦おうとしますが、リヴァイは戦う指示は出さず、ひたすら前に進みます。
迫る巨人と、焦るエレン達で非常に緊迫した場面。



画像

戦おうと主張するペトラ達の言葉を無視して、リヴァイの取った行動は信号弾を撃つこと。
凄く良いところで次回に続きます。

正直、先の展開知っていても森の中での戦闘は盛り上がりました。最後はここで切るかという感じで、次回も非常に楽しみです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◎進撃の巨人第18話巨大樹の森
{エル:壁外調査を開始する、進め!{*>シガンシナ区に謎があるとされている{*>特別作戦班はここだ、もっとも安全。{アル:知性がある、エレン同じ巨人の体を纏った人間だ{ジャ>うな... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2014/05/16 02:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
進撃の巨人 第18話「巨大樹の森―第57回壁外調査 (2)―」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる