水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦姫絶唱シンフォギアG 第9話「英雄故事」

<<   作成日時 : 2013/09/03 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)Project シンフォギアG
画像
画像

前回最後の爆発で未来が死んだと思いショックの響、いや、地上から爆発が見えたくらいじゃ、どうなったかはっきり分からないだろう。せめてタワーに戻って状況確認してから絶望しようよ。

ちなみに、響のショックが大きかったので、1期の時に見られた「あったかいもの、どうぞ」「あったかいもの、どうも」の会話が聞けなかったのはちょっと残念。



画像

「夜の9時以降は食事を控えている」
「そんなんだから、そんななんだよ」


胸のことか−!
つまりクリスは了子に育てられていたときに、食べ物は良いものくれてたと言う事ですね。
まあお金には困っていなかっただろうから、自分の目的に関係する部分では厳しくしてても、それ以外の関係無い部分は意外と甘やかしていたのかもね。



画像
画像

皆がバラバラというのは結構大事な指摘だと思うのですが、聞き流して帰ってしまった翼さん。チームの最年長としてはあまり良くない行動ですね。
でも、名前を呼んで欲しいというのはフェイトさんみたい、じゃなくて(笑)、翼は響のことでイライラいしていてもクリスの事もちゃんと気にしているのね。

しかし、クリス、食べ方汚い。
やはり、生まれはともかく、拉致されて以降の育ちが悪かったか。
彼女の言うこの暖かい居場所で、覚える事はまだまだたくさんありそうです。



画像

一方、ずっとバラバラ状態の敵側では、内心はともかくマリアがウェル博士の行動を指示する側に。
しかし、博士を味方に引き入れるためにフィーネを演じていたというけど、これまでの行動見ていると博士自身が一番フィーネっぽい行動してるな。



画像
画像
画像

前回の展開から、まさか今週こんなギャグをやるとは。
1期と同じく9話はお遊びが入る回だったか。

一生懸命な響、完璧にこなしている翼、ヘロヘロのクリスと対比が面白い。
こう見ると、なんだかんだ言っても一番指令と長くいる翼の方が、実は響以上に染まってしまっているのだろうか。



画像

マリアによって助け出された未来は、そのままウェル博士の指示によって連れてこられました。

博士はどういう意図で連れてきたのだろう。
未来と響達との関係を知った上で利用するつもりなのか、特にそういうの関係無いのか。

普通に考えたら、どういう経緯か、未来の立場を知っていたので、マリアが連れてきたのを見て利用しようと考えた形かなあ。



画像
画像

調の変身バンクは今回初めてだったか。
ここまでギアを纏って出てきたシーンは多かったけど、いつも突然現れていたので、装着シーン無かったのね。
明らかに敵側じゃない感じの作りです。



画像

いずれフィーネに意識が乗っ取られると考えた切歌も、あくまで世界を守るためにウェル博士に従う事に。
これで経緯はともかく、徐々に敵側メンバーの方向性もまとまってきたという感じですかね。
一人取り残されつつある調はこれからどうするのでしょうか。



画像
画像

とうとう未来がこんな形で響達の前に現れたか。

1期のキャラクターブックの中で原作・脚本の金子彰史が「自分としては絶対に未来を装者にはしたくありませんでした。(中略)未来が戦場に行ってしまうと響が帰るところがなくなってしまうんです。そんな残酷な展開は、自分にとっては心地よくありません」と言っていて、個人的にもその方向に賛成だったのだけど、ここまで巻き込んでしまったか。
1期の頃から上松範康や他の面々は装者にする気満々だったようなので、とうとう押し切られてしまったかな。

今後3期とかがあったとして、ずっと戦う形にになるとは思わないけど、今回どうオチを付けるのか気になるところです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦姫絶唱シンフォギアG 第9話「英雄故事」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる