水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 進撃の巨人 第21話「鉄槌―第57回壁外調査 (5)―」

<<   作成日時 : 2013/09/04 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
画像
画像

例え前回までのあらすじが長くても、密度の濃い30分でした。

原作通りの展開ではあるのですが、1話の中で3組の戦闘が入っていて非常に見応えがあり、先の展開を知っていても、見入ってしまいました。



画像
画像

捕獲された状態から見事に脱出し、再度出現する女型の巨人。
最善策では勝てないと団長が言っているのに、最善策で対抗しようとするエルド達。

馬で走っていた時と同じように、再び仲間を信じる決断をしたエレンに嬉しそうな表情を見せる先輩3人、生き残れば本当に良い関係を気づけた事になったのでしょうが、後の結果を考えると、この笑顔が非常に悲しいです。



画像
画像

最初は女型の巨人に圧倒的な強さを見せる3人。さすが精鋭部隊です。



画像
画像
画像

しかし、硬化能力とか片目だけ先に回復とか、予想外の能力により見事に返り討ち。
リヴァイと離れたため、女型の巨人の能力に関する情報全く入らず、精鋭班とはいえ、情報も戦力不足していたのが不幸でした。

2度にわたって仲間を信じるという選択をしたエレンが正しい判断をしたと思った所にこの落とし方が見事というかなんというか。
と言っても、エレンが自分を信じて巨人化したとしてもペトラ達が生き残れたか、女型の巨人を撃退できたかは分からない訳で、本当にリヴァイの台詞どおり「結果は誰にも分からん」ですね。



画像
画像

亡くなったペトラ達を無表情で見つめるリヴァイ兵長。その暗い表情が逆につらい。
怒りを爆発させたエレンとは真逆の反応ですが、意外と仲間思いだったりする彼にとって、この無表情の中にどれだけの感情をため込んでいるのやら。

でもこの後、ミカサと合流したときにそういった感情を一切見せずに冷静に対応するのはさすがですね。



画像
画像
画像

今回の第2ラウンド、巨人エレン対女型の巨人。
小さい人間が動き回った戦いと違って巨人同士で凄い迫力です。

雄叫びあげて凄い気合いで迫る巨人エレンに対して、女型の巨人が勢いに押されてビビっている感じで、巨人の中にいる人間の女性らしい反応がよく描けていると思います。



画像

優勢に進めていたものの、女型の一撃で首を吹っ飛ばされて負け。女型の巨人連勝です。
エレンの敗因は腕が治ったらとか呑気の事言ってないで足でも頭でもなんでも使って攻撃するべきでしたね。
熱くなっていたはずなのに、そこだけ待ったのがいけない。待っている間に敵も回復するのだから。

そしてエレンまた食われる。
今回は最初と違って、捕獲の為なので、死んではいないでしょう。



画像
画像

ちょうどエレンが食われるところに到着したミカサ。
前回はすでに事が終わった後にアルミンから聞いただけでしたが、今回は現場を見てしまったわけで、ショックから変化した怒りの表情が凄く怖い。



画像
画像

そして今回の3戦目。ミカサ対女型の巨人。

怒れるミカサ、相手が疲弊しているとはいえ、一人で巨人相手にものすごい猛攻。
「その女殺して〜」あたりの台詞がミカサらしくて素敵です。



画像

恐らく人類最強同士の共闘。
原作通りいけば次回も非常に面白くなるはずです。
ただ、今回の見事すぎる作画と、一方予告の映像が全て今週の絵だったのを見ると、次回の作画が間に合うのかが心配です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◎進撃の巨人第21話鉄槌
{エル>第57回壁外調査を開始する!|人間が変化したと思われるメガタの巨人と遭遇した|次々と兵士が倒れる中、意味を理解しないまま巨大樹の森にたどり着く{リ>選べ、調査兵団を信じる... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2014/06/19 04:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
進撃の巨人 第21話「鉄槌―第57回壁外調査 (5)―」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる