水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦姫絶唱シンフォギアG 第13話(最終話)「遥か彼方、星が音楽となった…かの日 」

<<   作成日時 : 2013/10/03 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(C)Project シンフォギアG
画像
画像
画像

5人と特殊な1人とか、いよいよ戦隊になってきたな。

前回から引き続き全裸祭りが開催されています(笑)。
相変わらずマリア多めだけど、今回は6人全員に拡大しました。
どこまで世界で放送されてしまったのやら。



画像
画像
画像
画像
画像
画像

とはいえ、展開的には1期12話の最後に出てきた、強化型ギア?を出す流れ。
響達3人は1期のとはまた違うデザインになりました。

調と切歌は元とあまり変わらない感じ、翼は足がさらに凄い事に。マリアはガングニールを響に取られてしまったので、セレナのギアを装着。響は1期の羽が微妙な感じだったので、良いデザインになって、かなり気に入りました。
クリスは、まあこんなもんじゃないかと。



画像
画像

ウェル博士は生身なのに人間離れした戦闘力の指令と緒川さんに掴まって連行。
普通に小物らしい無残な死に方するだろうとか思ってましたが、善でも悪でも英雄にして死なせず、普通の人間として裁くというオチは良かったと思います。



画像
画像

基本、武器を持たない響のアームドギアですが、強化型で初めて槍型の武器を装備しました。
本当、この形態で響のfigma出して欲しいな。



画像
画像
画像
画像

出ました!
1期と同じOPタイトルを使っての必殺技。今回はもちろん「Vitalization」

まあ1期の光の大剣で敵のボスを真っ二つに比べると、異空間からの脱出のためにパンチで中央突破というのはちょっとインパクトに欠けるのが残念。



画像

消耗した響達に代わって未来がソロモンの杖で空間を閉じて決着を付けます。
やはり未来は直接戦闘に関わるのではなく、こういう形でサポートするキャラでいて欲しいと思います。



画像
画像

全てが終わり、マリアから正式にガングニールを譲られる響。
体の中のガングニールは消えましたが、これで再び戦う力を手に入れたという事。

つまりこれで、3期も充分作れるという事ですね。



画像
画像

フィーネからのメッセージを伝える調。
このネタ、消化されないまま終わったらどうしようかと思ったけど、ちゃんとこちらも片付けてくれて良かったです。

あまり詳しく話さなくても、響にはちゃんと伝わっているみたいなのが良いですね。



画像
画像
画像

ED曲は1期と同じ「逆光のフリューゲル」かと思ったら、響達6人が歌う新曲「虹色のフリューゲル」
これは良いです。
2期の曲の中で一番好きかも。是非フルで聞きたい。

なんかEDのシーンになったら作画が1話の頃並に良くなって驚いた。
結局クリスは翼を”先輩”と言ったのは最後の戦いの時だけ、その割に響に先輩顔しているとか、面白いEDでした。



画像

簡単にまとめ


1期に比べると、正直物足りない2期でした。
作画については最初の頃は1期に比べて格段に良くなっていて期待したものの結局続かず、すぐに1期と同レベルに。

ストーリーは1期と同じく相変わらず設定たくさん作りすぎて1クールで消化しきれずにどれも中途半端な形になってしまいました。
ただ1期の頃はその辺細かい事は気にせず突っ走る熱さと勢いが作品にあったのですが、2期はそういう勢いもなく、あまり盛り上がらないまま淡々とイベントを消化していくだけになってしまった感じです。
あえて言うなら最終回だけは1期の勢いを感じることが出来ました。


その辺、最大の問題は敵側の敵としての魅力が足りなかった事かなと思います。
設定はしっかり作っているので、キャラとして魅力がないとは言いませんが、敵として考えた場合に力不足。

5人いる敵キャラの中で、ある程度一貫した行動を取っていたのはウェル博士だけで、他の女性4名は自分のしている事が悪い事と常に悩みながら行動を決められずにフラフラし続けている状態。それに対して響達が1期の戦いを経て成長して強力になっているので、あまりに情けない敵の姿になってしまいました。
つまり響達の相手としては弱すぎる。
特に登場時はそれなりに迫力があったマリアの中盤以降の転落ぶりは泣けるものがあります。
そんな訳で個人的に一番盛り上がった戦いは、例え茶番だったとしても翼とクリスが戦った所だった気がします。

ウェル博士にしてもキャラ的には1期の了子のようなボスになれる存在ではなく、小者レベルのキャラ。
ウェル博士の背後に大物の敵でも控えていればまだ良かったのですが、彼一人に悪の全てを背負わせるのは無理でした。



画像

マリアのガングニールが響に譲られた事で、続編作る事は出来る状態です。
個人的に3期も見てみたいと思います。

ただ、脚本の”原案”を金子彰史氏が書くのは良いとして、それを整理してアニメ用に整える人を用意して作って欲しいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◎戦姫絶唱シンフォギアGEPISODE13遥か彼方、星...
マリ)ガングニール適合だと d>こんなところで、終れるものか!シン>そのシンフォギアはヒビキ:マリアさんの歌が答えてくれたんです[)フロンティア移動開始マリ)今のウェルは... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2014/06/10 02:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦姫絶唱シンフォギアG 第13話(最終話)「遥か彼方、星が音楽となった…かの日 」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる