水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ハピネスチャージプリキュア! 第15話「お母さんに逢いたい! ひめブルースカイ王国に帰る!」

<<   作成日時 : 2014/05/14 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)ABC 東映アニメーション
画像
画像

10周年メッセージはキュアメロディ。
名乗りのポーズ再現だけでなく、最後のハートも「スイートプリキュア」で使われていた特徴あるデザインを使っていて、今回も見事な作画でした。



画像
画像
画像

今回の話はちょうど放送日が母の日だったことから作られたエピソードのようですが、う〜ん、余計なお世話の大きなお友達視点で見るとちょっと何だかなあという感じでした。

母の日と言う事で色々準備をしているキャラ達の中で、母親と会う事が出来ない状態になっているひめが、自分の国で鏡に閉じ込められている母親に会いに行こうとするわけですが、いくら何でも無謀だろう。

場所は敵が居城としている中心部で、そこに行けばプリキュアは通常の力を発揮できないという制限付き。
さらに本作では実際にプリキュアを倒してしまう、プリキュアハンターなんてものまで登場しています。

そんな状況下で母親に会いに行くためだけに乗り込んでいくというのはどうなのという感じです。
城の中にプリキュアを強化するアイテムでもあって、それを回収に行くなんて目的でも合わせてつければ、まだ納得出来るのですが。

本作ではゲストキャラをネタにサイアークを作れるのですから、ゲストキャラを使って母の日の話を作るとかいくらでも出来るはずなのに。

設定説明回と考えても、新しく分かったのは城の周りではプリキュアの力が落ちてしまう程度で、特に何か新しい事が分かったわけでもなく、これまで語られた内容の再確認程度でした。




画像
画像
画像

まあカードを使った変装を色々見せるという意味では販促的な内容にはなっていたのかな。



画像
画像

リボンも知らない隠し通路を進んでいくひめは面白かった。こうやって一人で抜け出したりしていたのでしょう。
ひめはこの城に住んでいた時も、今とあまり変わりなく、自由気ままに暮らしていたのだろうなあという感じです。



画像
画像

母親には会えたものの、結局幻影帝国に見つかってしまう3人。
事前に見つからないように、何かあったら逃げるようブルーから言われていた3人ですが、やはりひめが逃げるのを躊躇してしまいます。

そりゃ、やっと自分の住んでいたところに戻ってきて、会いたかった両親の姿を見ればそうなるよなあ。
こうなるのは普通に予想できるし、リボンも必死で止めていたのに、その場に行かせたブルーの方が問題です。



画像
画像

女の子向け作品としては疑問ですが、個人的には今回一番面白かった、”ラブリーブラスター”。

また凄い技出しているよ、この娘は。
残念なのは折角の初登場なのに、敵には通用しなかったこと。次に使うときはしっかり見せ場を作って欲しい技でした。



画像
画像
画像

そしてひめは母親に会いたいと言い出した事を後悔しながらも、何とかギリギリのタイミングで逃げ帰る事に成功。
一応、3人がもっと強くなろうという決意したという形で話はまとめられて、終わり方はそれほど悪くは無いのかなと思います。

ただ、”来て良かった”ではなく、”来なければ良かった”なんて言葉を終盤に聞かされて、そこから逆転も出来ずに逃げ帰るだけという展開は、どうもモヤモヤしてあまり気持ちのよいものではありません。
最初に大人目線での話をしましたが、別の点から考えても、プリキュアの力が弱まり、いつもは無双しているチョイアークにすら勝てない。繰り出す技はザコにすら、ことごとく通用しない。
まったく見せ場もないまま、ギリギリで逃げてきて終わりって、これで子供も楽しめたのか心配です。

一応変装などで面白い所はあったので、それで子供が喜んで見る事が出来たというなら別にそれで良いのですが、残念ながら個人的にはいまいち夢中になれない回でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハピネスチャージプリキュア! 第15話「お母さんに逢いたい! ひめブルースカイ王国に帰る!」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる