水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 健全ロボ ダイミダラー 第11話「動転!帝王のセクハラ」

<<   作成日時 : 2014/06/18 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)なかま亜咲・eb刊/ペンギン帝国
画像
画像
画像

帰ってきた孝一、早速恭子の胸を揉む(笑)。
久しぶりだったからか、今までよりさらに揉む勢いが凄かった気が。



画像

今回も作画は素晴らしい。
孝一が乗るダイミダラーのデザインを格好良く見せてしまう絵と動きは見事としか言いようがない。



画像
画像
画像

一方の霧子。
機体のダメージはともかく将馬を失ったダメージで泣いています。

1話アバンの戦闘の後、一度パイロットを降りて普通の生活に戻ろうとしたようなので、今回もこれで退場してしまうのかと思いましたが、この後結構あっさり立ち直って、将馬を取り戻すために戦い続ける事を決意するようです。



画像
画像

孝一の機体は別の世界で修復されて、新たな動力を追加されて帰ってきました。
この辺は以前フンボルトら別世界の住人達から何となく語られていたのが伏線だったようです。

しかし、都合良くと言うべきか、転送すると何か一つ失うの条件通り、孝一は別世界での人々の事を忘れていました。



画像
画像

その辺をフォローするペンギン帝王の考察。

恭子が腕で飛んでいったのは、ただ孝一が帰ってくる事が分かってそこに駆けつけようとしたのかと思ったら、それだけではなく、戻ってくる場所の座標としての意味もあったのですね。



画像
画像

「リッツよ 私は過ちを犯したのだ」

何か次回に繋がる大事な事を言ったっぽいのですが、とりあえず部下達は「リッツを犯して謝ったらしい」とかおかしな伝言ゲームで盛り上がってしまいました。



画像
画像

「まず俺があんたの胸を揉む」
「やです」

霧子の即答に笑った。
自分でセクハラ発言しておいて、孝一の「これから一緒に戦うってのに空気悪くしやがってよ」という台詞も凄い。



画像

しかし今回の孝一と霧子のやり取り見ていると、将馬も含めて同じ学園に通うのだから、3人揃ってのエピソードも見たかった。
1クールという短さでそこまで出来ないのが残念です。



画像
画像

突如美容室プリンスを襲撃する政府のダイミダラー。

「今までペンギン帝国にどれだけの事をされてきたのか忘れたのか!」

「そっちこそダイミダラーが出撃するたびに、どれだけの復興予算が費やされたのか分かっているのか!!」

こういう場合、襲撃する側は無理矢理な言いがかりつけて襲ってくるケースの方が多いと思うのですが、ダイミダラーの場合、結構正論なのが笑える。

ここへ来て急にペンギン帝国も含めた三つ巴になりましたが、残り1話でどう纏めるつもりなのか次回が楽しみです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
健全ロボ ダイミダラー 第11話「動転!帝王のセクハラ」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる