水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第7話 「サリアの憂鬱 」

<<   作成日時 : 2014/12/04 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)SUNRISE/PROJECT ANGE

画像
画像

ここまでずっと主人公アンジュメインで話が進んできましたが、今回はサブタイトル通りサリアにスポットが当たる回。

そして、タスクってジル司令官達の知り合いだったのか。それなら合流しても話は早そうですね。
「リベルタス」という計画にも普通に必要な人材っぽいな。


画像
画像

サリアさんのストレス解消(笑)。
前に部屋でヴィヴィアンと話していた時点で、夢見がちな趣味を持っている感じはありましたが、ここまではじけているとは。



画像
画像
画像

秘密を知られたら、殺しに走ったサリア。これまでアンジュのどんな命令違反にも怒るだけだったが、プライベートの恥ずかしい秘密では殺意に走ってしまったのか。

しかしサリアはともかく、ここで初めてアンジュの気持ちも語られます。
確かに戦闘中に後ろから撃ってくる仲間や、それを咎めない隊長を信用できないのは仕方ない。
アンジュの独断専行が目立っていましたが、言われてみればアンジュの行動もそれなりに納得出来るものか。



画像
画像

そして居合わせたエルシャに煽られてさらに激しい戦い(笑)に。
女同士なのに、昔の少年漫画みたいなことやってます。

胸を掴まれたアンジュが仕返しに同じことをしようとして、掴み損ねてしまうシーンは面白かった。



画像

乱闘の罰として反省文書くのを命令されて「なんで私まで」と敬礼するアンジュの表情がなんか可愛かった。



画像

機体整備中のメイによるとアンジュは「もう誰も死なせない」という思いで、すべての攻撃を一人で受ける覚悟で戦っているらしい。

まあ最初に死んだ2人やヴィヴィアン、エルシャみたいな人ばかりなら、そんな気持ちもあるかもしれないが、ヒルダあたりのこと考えると気のせいじゃないかなあ(笑)。



画像
画像
画像
画像

風呂で暴れた(笑)アンジュが風邪でダウン。
アンジュを欠いて出撃するサリア隊。これでチームワークが戻ったと思ったら、そんな事は気のせいで、結局今度はアンジュの代わりにヒルダ達が独断専行。
結局は隊長の問題だったかな。

そしてヴィヴィアン頑張った。
普段の会話がちょっと電波入ってますが、その性格で今回の危機を予感していたし、動けない状態からの頑張りも見事。
初登場の時は誰が一番最初に死ぬか、とか言って危険な感じでしたが、アンジュに声かけてからは隊のメンバーの中で一番仲間思いという描写になってますね。



画像
画像
画像

風邪の所を無理矢理出動してきたアンジュ。
一応出撃する際にモモカを養うためにお金が必要と言ってましたが、そんなに金のかかる娘には思えないし、先のメイの発言考えると、隊のメンバーの為という気持ちもあるのかね。

そして今までサリアの言う事なんてほとんど聞かなかったですが、風邪で意識が朦朧としていたのが逆に良かったのか、サリアの指示に従い敵の武器である角を折ることに成功。

ただしアンジュの活躍はそこまでで、後は残りのメンバーで倒しました。
この辺、もし元気で最初から出撃していたらいつものように1人で倒せたのかどうかというのはちょっと気になりますが。



画像
画像

部隊の危機にアンジュがやってきて良い話でまとまり掛けたところに「迷惑料」。やはりこの作品はこうでないと。
作りとしては今回の最初に迷惑料ネタをやってちゃんとネタ振りをしているあたりはさすが。

今回の戦闘でとにかく隊のまとまりは一応出来た感じ。アンジュに対する距離という点ではヒルダが残る問題のようです。



画像

最後に妹、シルヴィアから謎の通信。
まあ姉がノーマと知って気を失ってからその後が分かりませんから、本当に妹が危機的な状況なのか、グルになって罠仕掛けているのか、今の時点では不明です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第7話 「サリアの憂鬱 」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる