アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Charlotte」のブログ記事

みんなの「Charlotte」ブログ


Charlotte 第12話「約束」/第13話「これからの記録」

2015/10/09 23:40
(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像

遅くなってしまったので最終2話を簡単に。

つまり有宇の略奪の能力で全世界の能力者から能力を奪えば解決するという話。
こういうのって例えば「まどか マギカ」の最終回みたいに何らかの方法で世界中一気にやって解決するというのが一般的かなと思うのですが、本作の場合は世界中を回って地味に1人ずつ集めていくというアニメとしては凄いやり方。



画像
画像
画像

その前に12話は旅立ちの話になるわけですが、うーん、それほど思い入れのない熊耳の死はあれだけ盛り上げたのに、すでに死んでいる魂とはいえメインキャラの1人、美砂が消えるところはやけにあっさり流したのが何だかなという感じです。
むしろそこに1話使えよと。



画像
画像
画像

で、13話。
能力を奪っていくうちに徐々に壊れていく有宇。
最後に奈緒が言うとおり、そりゃそうだろうという感じです。



画像
画像

そして全て終わったところで、見事に記憶も失い隼翼らに助け出されて帰ってきました。



画像
画像

・・・なんというか、最初に書いたとおり、世界中回って地味に能力奪っていくという展開も凄いが、前に1人で敵の中へ送り込んで大失敗しているのに、なんでまた1人で行かせるかなとか、最終2話はもう何やってるんだかという感じでした。

最後のシーンで妹を加えて生徒会のメンバーが集まっていたわけだから、やはり描きたいのはこの5人だっただろうに、大事な終盤の展開で有宇以外の面々の影が薄いこと。
科学者達とか、兄のタイムリープによって今の世界になっているとか、その辺の設定が本当に必要だったのかと疑問に感じます。それよりももっと描かなきゃいけないキャラや話があるんじゃないかなと。


元々本作はどこかで聞いたような苗字の登場人物達という部分で見始めた作品なので、あまりストーリーにどうこう言う資格は無いと思うのですが、それにしても、終盤の展開はもう少し上手く出来たんじゃないかなと、ちょっと残念でした。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Charlotte 第11話「シャーロット」

2015/09/18 16:57
(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像
画像

有宇が過去に体験した施設で出会った科学者。
なるほど、この世界では能力者に好意的に協力する立場になっていました。

有宇達が能力を得るきっかけになったシャーロット彗星というのが出てきました。
そうか、シンフォギアのキャロルが錬金術使えるようになったものこの彗星が原因か(笑)。



画像

能力をいくつも略奪し強力になりすぎてしまった有宇はその能力が消えるまで施設から出られないことに。
これって夢で見た過去の状態よりマシだろうけど、あまり幸せな状態じゃないよね。

まして仲良くなり始めていた奈緒と生徒会の仲間達の事はどうなるのだろう。
その辺の事を考えるのが今回の話かと思ったら、有宇があまりここに留まることを気にしません。
そして話が思わぬ方向に。



画像
画像
画像
画像

何というか、良く言って急展開。悪く言えば超展開というか。先週までと色々変わってしまってちょっとついて行けなかった。
兄とそのメンバーの方に話の中心が移ってしまい、有宇と奈緒の置いてけぼり感が凄い。

1話から会話の中で出てきた主人公達を脅かす存在として「科学者達」というのがいたのだけど、兄が時間を繰り返した結果、この世界で国内ではほぼ無力化していて、今怖いのは海外の勢力ですって・・・。

前回妹の救出に成功し、とりあえず平穏な状態になったので、この後どういう話にするつもりかと思ったらこう来たか。

シンフォギアのようなバトル物の感覚で考えてはいけないのだろうけど、最初からその存在が出ていた敵に備えて色々準備していたら、実はその敵は突然現れた兄によってすでに倒されていて、主人公はろくに経験値も積まないまま今度は別の敵と戦わなければいけないという状態。
これって、バトル物だと作品の人気が出ないから”テコ入れ”しました位の超展開に感じるのだけどなあ。
もちろん本作では最初から予定されていたストーリーでしょうが。



画像
画像
画像

今回登場した外国人の組織メンバーも有宇の能力に巻き込まれて捕まった感じ。
ということはこの組織の出番も終わりか。



画像
画像

残り2話で熊耳助けるために過去に戻るとは思えないし、あと2話で何やるのだろう。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Charlotte 第9話「ここにない世界」/第10話「略奪」

2015/09/14 23:55
(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像
画像

2話まとめて。
最近、話の進みが遅いし、前回の流れから、今回はライブの話でまた特に進展無いだろうと思っていたら、逆に凄く大きく動く回でした。


画像
画像
画像

いわゆるループ物でしたか。
最初の世界では有宇達兄妹も科学者達に捕まっていたらしい。
そこから兄の能力で何度も世界をやり直して現在の世界になったと。

妙に有宇に協力的な博士が気になります。組織の中では異なる考えを持つと自分で言っているのだから、繰り返した現在の世界でどんな役割で登場するのやら。



画像
画像
画像

今の世界で兄と再会する有宇。兄、隼翼は目が見えなくなっているようです。

そして語られる未来で有宇と別れてからの世界。
いや、全く話の進展無い回かと思ったら、こんな話になるとは思いませんでした。




画像
画像
画像

続けて10話。
隼翼が過去に戻ってから学園設立までの流れ。
何度も世界を繰り返して、やっと今の状況にたどり着いたようです。

しかしそれで落ち着いたと思ったら、科学者達と関係無いところで妹が死んでしまったりするので、なかなか上手くいかないものですね。



画像
画像

兄の能力を奪い、妹が死ぬ直前に戻ってきた有宇。やけにあっさり死んだと思ったら、こうやって助け出す流れだったか。

しかし、これで妹が死んだ後に起きる有宇と奈緒の関係が近づく展開もまだ起きていないことになるので、今後2人がどうやってまたくっついていくのか気になるところ。



画像
画像
画像
画像

今度は妹を助けることに成功したところで、あらためて兄の所へ誘われる有宇。
最後のカットがやけに格好良いな。


ところで、隼翼はともかく、なんで有宇が夢の中とはいえ異なる未来の記憶を持っているのだろう。
現在が隼翼がやり直した世界なら、隼翼本人はともかく、有宇にとってはありえない未来の記憶のはずなのに。

その辺は今後分かるのかな。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Charlotte 第8話「邂逅」

2015/08/27 21:36
(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像
画像
画像

有宇も色々ありましたが、まだ感傷に浸る時はあっても、大分立ち直って、妹がいないという新しい環境での生活を始めたようです。



画像
画像
画像

そんな中で今回出会うのが奈緒と兄がファンだったというバンドのボーカル、サラ。なかなかぶっ飛んだ性格の人でした。
声は沢城みゆき。シンフォギア1期ではラスボスとして歌うヒロイン達に袋だたきに遭いましたが、こちらでは自らが歌う人の役です。

有宇もこのバンドの曲に何か聞き覚えがあるというのは、夢に出てくる兄っぽい人と関係あるのだろうな。



画像
画像
画像

有宇の思いつきでサラの歌を聞かせて兄の状態が少しだけど良くなった感じ。
初めて会った人にここまでしてくれるなんて凄く良い人。

主人公の有宇が妹を失った一方で、奈緒は兄を取り戻していくという逆の状況になってます。
そして次回は皆でバンドのライブを見に行く事になりそう。

なんか有宇と奈緒の関係は順調に進んでいるけど、それ以外の話の進展がほとんど感じられないのがちょっと気になる。1クールで大丈夫なのかな。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Charlotte 第7話「逃避行の果てに」

2015/08/22 00:08
(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像

結局妹は亡くなったようです。
葬式とかの部分があっさり進んだので、実は科学者に連れ去れれたのではとかも考えてしまいますが、そこは分かりません。



画像
画像
画像

ということで、妹を失ってどんどん壊れていく有宇の話。
高城ら友人達も拒絶して家に引きこもってます。
そしてまさか1話に登場した前の学校の彼女がここで出てくるとは思いませんでした。別れた経緯的にそこまでしてあげる義理も無いだろうと思うのですが、別れる時はキツイ言葉も言っていたけど、基本は優しい娘だったということか。

そんな中でヒロイン、奈緒は一切登場せず。当然有宇が立ち直るには奈緒の存在が重要なのは予想つきますので、どういった形で出てくるのかが楽しみなところ。


画像
画像
画像

よくもまあ壊れる過程を1話まるまる使ってここまで丁寧に描くなあと変な感心をしてしまいます。



画像

細山田さん。
数分で忘れてしまいそうな名前なんて酷い。今もホークスで頑張っているのに。
と、久しぶりの野球ネタ(笑)。



画像

とうとう薬?に手を出そうとしたところで、ついに出てくる奈緒。

さすが素晴らしいタイミングだと思いますが、科学者に連れ去られるという心配からすると能力使いまくり始めた段階で止めろよという気もします。
まあ、まだその段階じゃ有宇が説得に応じないかな。



画像
画像

なるほど、実は最初から姿を消してずっと見ていたのね。
他の人からは見えるはずなので、家に誰か来たときや喧嘩しているときは遠くに隠れていたか。

ここ最近奈緒はあまり能力使わず、頭を使ってトラブルを解決する役割だったので、彼女の能力の事、すっかり忘れてました。



画像
画像
画像
画像

妹と母親が作っていた料理を再現して有宇の説得に成功。
また生徒会に戻ってくればという所を遠慮しながら言うのがちょっと可愛い。

しかしまあ確かに一番効果的な説得だろうから、この手なら、有宇が自分の家にいる段階で使っても効いたんじゃなかろうか。
それを言ったら今回の話が成り立ちませんが。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Charlotte 第5話「いつか聴いた音」/第6話「気づかなかった幸せ」

2015/08/16 01:14
ちょっとパソコンが壊れて更新できませんでした。
直ったので再開します。


(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像
画像
画像
画像

2話分まとめて簡単に。
まずは第5話。


一応奈緒の夢とか有宇との距離が少し縮まったとかのネタはあるものの、前回の野球回同様、あまりメインのストーリーとは関係なさそうなキャンプ話なので、なんでこんな話やっているんだろうと思ったら、最後に妹が風邪ひいて寝込むというのが次回に繋がる大事な展開でした。

この5話までは比較的まったり進んで、次回からいよいよ本題になるみたい。



画像

そんなわけで続けて6話・・・の前にこの回から制服が夏服に。
アニメの制服としてはオーソドックスなデザインだとは思いますが、来ている姿はなかなか可愛い。



画像
画像
画像

兄妹だと共に能力が目覚めやすいらしいということで、奈緒のところと同じく、有宇の妹にも能力者疑惑が。

そう思わせておいて実は別の人だったとかいう展開だろうかとも思いましたが、さすがにそこまで回りくどいことはしないようで、普通に妹も力を持っていたようです。

が、非常に危険な能力で結果自滅してしまうことに。


ところで、きっかけになった友人のカッターで襲撃、前回の奈緒へのリンチもそうだけど、いやあ、女同士ならこんな直接物理的なダメージじゃなくてもっと陰湿にやるよなあとか思ってしまいましたが、まあ見ているほうにはこういうストレートなほうが分かりやすいから良いか。



画像
画像
画像

そんなわけで妹は自らの能力で生死不明、有宇も危ないというところで次回に続く。

1話から毎回、やたら妹との楽しい生活を描写していたり、今回前半に、奈緒と比較して自分は妹がいるだけ幸せだなんて考えるシーンがあったのもすべてはこの最後の展開への振り。
普通に考えると次回以降は、妹を失ってここから主人公がどう変化していくかという感じですかね。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Charlotte 第4話「刹那の本気」

2015/07/31 22:57
(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像
画像

前回の話で転校することになった西森柚咲も来て、これで校内にメインキャラが揃いました。



画像
画像

ようするに野球回。
そりゃこの名前の主人公達なのだから1回くらい野球やってもらわないとね。
相手校が”かんない”とは、横浜スタジアムの最寄駅、”関内”からでしょうか。

ストーリーとしては1人のゲスト能力者を説得するために1話使って野球やっていただけなのでそれほど書くことはありません。
といっても奈緒が抱きついて何やら実験していたり、何か今後の展開に関わる伏線もあるみたいですね。



画像
画像
画像

基本投手戦で9回裏の攻防がほとんど。
主要キャラ少ないですからあまり散らして同じキャラが何度打席立っても仕方無いし、上手くまとめているなと思いました。



画像

捕手が良くあんな玉取れるな、なんて会話があったので、実は捕手も能力者というオチかと思ったら、そうではなくて、捕手のために能力を使っていたのね。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Charlotte 第3話「恋と炎」

2015/07/26 02:17
(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像

メインキャラとしては最後の合流になった「西森柚咲」、シーレックスプロダクション所属で本名「黒羽柚咲」だそうで、いやもういきなりネタが多いな。

シーレックスとか懐かしい。元ネタはやはり湘南シーレックスからでしょう。

2軍を独立させるコンセプトは好きだったのだけど、残念ながら日本では定着しなかった。というか今の親会社ならともかく、当時の親会社で2軍の地域密着なんて出来るわけもなかった。
そういう意味では今の色々なイベントを仕掛けてくれる親会社で、もう一度チャレンジして欲しい気もします。

そして西森の本名は黒羽、黒羽根ではなく黒羽。高城も加えて現役捕手から3人も名前が出てくるとは。



画像
画像

有宇達が探していた西森柚咲を守っている2人、ショウとコータ。

ショウはおそらく”荒波SHOW!”からでしょう。そしてコータはちょっと難しいのだけど”須田幸太”あたりからだろうか。



画像
画像
画像

柚咲には死んだ姉、美砂が憑依してきて、ぱっと見2重人格みたいな状態に。

奈緒との言い争いは面白いし、人格が変わるということでギャグ要因としては優秀だと思うのだけど、現行のメイン3人に比べると、事件解決の時などにはちょっと使いづらい能力に見えるので、今後ほかの3人とどんな連携を見せるのかはちょっと気になります。



画像

左側の店舗がちょっと違うのだけど横浜駅西口かな?



画像
画像
画像

見事な連携で柚咲を追っていた連中を撃退する奈緒達。
奈緒が最後に出てきたのは一人にしてからじゃないとほかの人に奈緒が見えてしまうからでしょう。

しかし、能力の使い方見事だと思うのだけど、事の最初にあっさり2人絞め落とされるのがちょっと。
いや大の大人そんな簡単に落とせないだろう。
最初がおかしかったせいで後の能力で倒す展開も前回までほどには面白く見られなかったです。

能力使って散々ファンタジーやっているのだから、そこは入れ替わるなんてしないで、怪我しない程度に燃やすだけで良かったんじゃないかな。



画像
画像

とりあえず目先の危機は解決して柚咲も同じ学校に転入することに。
能力の無い2人とはここでお別れ。
いやまあ、まだ美砂は今すぐ消えるわけじゃないし、有宇達見てても完全に学園内に隔離されるわけじゃなさそうなので、今後も普通に会えるような気がするのだけど、まあいいか。

芸能の偉い人、今回は引き下がったけど、かなり能力見てしまったのだし、ここから何らかの形で科学者達に繋がらなければ良いのだけど。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Charlotte 第2話「絶望の旋律」

2015/07/18 17:00
(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像
画像

今回は前半と後半で大きく話が分かれていました。
前半は奈緒達生徒会の活動を有宇が知る話。

それにしても能力を悪用している人達を見つけて説得したりするのが生徒会の仕事らしいが、今回の食堂での行動とか見ていると、生徒会の連中もちょっと酷い能力の使い方してるよね。
並んでパン買っている人達の集団に割り込み突撃して、一帯を破壊。金払えば良いというものでは無いだろう。
能力の悪用を防ぐという本人達の仕事から考えるとこれでギャグとして面白いのかな。それとも自分の感覚が古いのだろうか。

何らかの”組織”とやらにバレなければ何しても良いというわけでも無いだろうに。



画像
画像
画像

それはともかく今回の説得対象は念写の能力で怪しい写真を売りさばいていた人。
加わったばかりの有宇を含めた3人の能力連係はなかなかのもの。

ちなみに対象者の名前は有働君。
おそらく元ネタであろう有働投手は今年打撃投手からコーチになったというのに、こんな扱いかとちょっと悲しい。



画像

後半は奈緒の家族の話で、兄がいる病院へ移動。

この移動の際に、普段はあまり感情を出さない奈緒が駅弁ではしゃいでいる姿がちょっと可愛い。



画像
画像
画像
画像

兄は科学者達に見つかって研究の実験台にされた挙げ句に廃人になってしまったようです。
いや、”ちょっと廃人になるまで早すぎだろ、もう少し大事に使え”とか”そんなコロコロ能力者って確保できるのか”とか色々ツッコミが浮かびますが、これがヒロインのスタート地点なのだから、そこは深く考えないことにしておきますか。



画像
画像

で、そこから奈緒達を助けてくれた”唯一信頼できる人”という人物によって今の学園や奈緒達の活動があるらしい。
それはあれか、”中畑”とか”権藤”とかそういう名前の人か(笑)などと思ってしまいますが、でもその人物も今の段階ではまだ分からないですね。もしかしたら全ての黒幕かも知れませんし。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Charlotte 第1話「我他人を思う」

2015/07/14 23:40
(C)VisualArt's/Key/Charlotte Project
画像

7月スタート作品から2作目「Charlotte」
あまりこういうタイプの作品取り上げることが無いので、最後まで続くか分からないのですが・・・


画像

登場人物の苗字がとっても「I LOVE YOKOHAMA」になっているようで、個人的にはその変なところから興味が出てしまったので、書いていこうと思います。



画像
画像
画像

そんなわけで主人公”乙坂 有宇”。 「俺の筋肉がエキサイトしてる」「バカか?」のやり取りでお馴染み?の期待の外野手・・・ではなく、他人に乗り移る能力でカンニングしまくって地位を手に入れたクズです。


そんな主人公が狙った女の子が”白柳弓”、あれ”白柳”なんて選手いたのかなと調べたら、過去大洋ホエールズに”白柳和吉”選手というのが在籍してたようです。
結構昔の人も出てくるのね。

他にも白柳弓の友人が”三嶋”、成績発表の紙には”梶谷”、”内川”等々、色々出てきて面白い。
一体何を見ているんだという感じですが(笑)。



画像
画像

しかしその能力に気付いた人達に見つかりました。

主人子の前にいきなり出現したのが、ヒロイン、”友利奈緒”。「ピッチャーデニー!」ネタでお馴染み?ですね。
「友利です」なんて挨拶されると、デニーの厳つい顔が浮かんできて、つい笑ってしまう。



画像
画像

そしてもう1人、瞬間移動を能力とする、”高城丈士朗”。

高城といえば、2013年4月の打撃不振だったところからのサヨナラヒットが今でも印象強い。

ではなく、こちらの高城は守備の人と言うよりスピードの人のようです。
といっても体は頑丈とか、生徒会長である友利を良く支えているという意味では良い女房役ですね、って、何の話だ(笑)。


画像

良い蹴り、でも見えない。



画像
画像
画像

その能力を買われ、友利達の学校に転入することになった2人。
あとTVに出ていた女の子がもう1人のレギュラーですね。次回以降出てくるのでしょう。


そんなわけで、アニメの話しているのか野球の話しているのかよく分からない感想になってしまいましたが、まあ話が盛り上がってくるまではこんな感じで進めようと思います。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「Charlotte」ブログ

水の小屋Blog Charlotteのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる