水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話(最終話)「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない」

<<   作成日時 : 2010/12/20 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP
画像

画像

正式なサブタイトルは「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない GOODEND」ですが、長すぎて入りませんでした。ただでさえ作品名も長いからな。

公式HP見るとTV放送の話数に対してDVDの巻数が2巻多いのですが、今回”GOODEND”と書いてあるから、”BADEND”版でも作るのかな。DVDの追加話数でそんな話やられてもあまり嬉しくはないですが。


さて、深夜販売で桐乃が京介にエロゲー買わせようとするわけですが、そのゲームが通称「いもパン」と「カスいも」。”カス”って酷い略だ(笑)。
特に「3Dカスタム妹」とか非常に良く似たタイトルのゲームもあることだし、どこかのゲーム会社が本当に作ってしまいそうだな。



画像

画像

「どこの世界に兄貴にエロゲーを買いに行かせる中学生の妹がぁ・・・・あっ!・・・いるかもしれねぇなあ」

うむ、なんかこの作品の集大成みたいな台詞だ(笑)。
実は友人の妹もそういう趣味の人だった事が判明するわけですが、ちなみにここで出てきたようなガチホモ作品が好きなのを腐女子という分類で良いのかな?
だいたい、いわゆる美少年系のBLが好きな女なら腐るほど(腐女子だけに)いるが、こんなガチなパッケージが好きな娘はさすがにヤバいのではなかろうか。



画像
画像

桐乃の”最後の人生相談”とやらは深夜販売のエロゲー買ってくること。言い出したときはなんだそれはと思いましたが、本当の相談は”アメリカに行くことについて”だったのかな。
結局それは言い出せず、出発するギリギリに発売されるエロゲー買ってきて、それを一緒にプレイすることを最後の思い出にしようとした感じです。



画像

画像

アメリカ行きと言っても理由は陸上のため。
この娘の場合、ちょっと多才過ぎる中で、これまで明確な将来の目標が語れたことはない気がしますが、少なくとも陸上が将来の一番の夢には見えないから、それで他を捨ててアメリカ行くというのも変な話。
まだ読者モデルから発展して芸能関係で行く方なら有りだったかもしれません。

そういうシーンがあるエロゲーをあえて買ってきたわけではないでしょうが、ゲームのシーンと連動して、結局アメリカ行きを止めて欲しかったらしい桐乃。
でも最後まで京介が「行けよ」と言い続けたのは良かったかな。ここで兄がデレてはいけない気がする。

結局は自分の意志で行かないことを決めて、もとの日常に戻りました。



画像

画像

最後に。

エロゲーにハマって、熱く語る妹とそれに巻き込まれる兄の苦労という展開はなかなか面白かったです。
ゲームについて熱く語ったり、秋葉原の店舗や各イベントで夢中になっている姿というのは男のオタクがなら普通というか、そんなものわざわざ見せられてもキモイだけですが、女の子でやっているというのが見ている側として、そのリアクションに笑えました。

途中、アニメ化の回だけが、なんかそれまでの展開から突然話がぶっ飛んでいて意味不明でしたが、そこを除けば最後まで毎回笑えるシーンもあり、泣けるシーンもありで安定していて、良く出来た作品だったと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話(最終話)「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる