水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦姫絶唱シンフォギアG 第11話「ディスティニーアーク」

<<   作成日時 : 2013/09/19 16:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(C)Project シンフォギアG
画像

やはりというか、前回のレーザーの中に響も突っ込んだ事で、聖遺物に体を浸食されていた問題も解決したか。
戦う力を残すために、ある程度まで抑える形、最初に変身した頃の状態に戻るくらいまでかなと思っていたら、まさか完全に消えて、戦う術を失うところまでやるとは思わなかった。

これで以後響は戦闘無しなんて事は無いでしょうから、最後にどんな方法で戦う力を手に入れるのか。



画像
画像

前回翼が撃たれたところで終わったはずなのに、すっかり状況が落ち着いていて驚いた。

とにかく、響は未来を連れて帰還。翼は撃たれたものの致命傷にはならず退却。クリスはウェル博士側についたというところで落ち着いたようです。

クリスもレストランで何か言いたそうで言えなかった経緯があるので、その真意はまだ分かりませんが、単純にウェル博士に賛同したわけでもなく、何か目的があっての行動でしょう。



画像
画像
画像

「ダメな女だなあ」「そこで恥ずかしさに悶えてな!」

最初の頃の翼すら圧倒していた威圧感はどこへやら、ウェル博士の台詞じゃないが、もうすっかりダメな人になってしまったマリアさん。
きっと最後は良い見せ場があると信じてます。



画像
画像

調、機動部に掴まったと思ったら、もう翼しか戦力が残っていない機動部の為に説得されて共に戦う事に。
まあ響については、それを口実に自分も戦いの場に向かう目的もあったようですが。

敵の装者3人の中では一番響に冷たい事を言ったキャラが最初に味方になるというのもなかなか面白い展開です。



画像
画像

「師匠〜!」

最近、弟子の響に圧倒されっぱなしの師匠が久しぶりに良いところ見せました。
喜んでいる響の表情が可愛い。


「相変わらずなのね」

が、しかし調が怪しい台詞を。
風鳴弦十郎を以前から知っているような口調。昔会った事があるのか。
でもクリスの事は覚えていた指令が、調を覚えていないというのも不思議だし、何より口調がいつもの調らしくない。

調までフィーネ降臨疑惑と来たか。
マリアは嘘でフィーネを名乗っていただけ、そして切歌はただの思い込み?で、実は調でした?
これはまだ分かりませんね。



画像
画像

切歌変身バンク。これで6人全員バンクシーンが出ました。



画像

調・切歌「戦場(いくさば)で何をバカなことを!」

うわ、また懐かしいネタを。
2期も終盤になり、最初の頃から相当成長した響でもやはりこの台詞を言われてしまう立ち位置は変わらないのが面白い。


画像

「胸の歌を信じなさい。」

また、了子フィーネと同じ台詞。
ただの偶然か、それともフィーネはここにいるのか。

実はフィーネはもう自分から何かするつもりはなく、色々なところ(人)をフラフラしながら、状況を見守っているだけなのかも。


画像
画像

そんなわけで調VS切歌


画像
画像

そして翼VSクリス

どちらも各キャラ、どの程度本気なのか疑問の戦いではありますが、少なくとも放送初期にまさかこんな組み合わせで戦う事になるとは思わなかった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
◎戦姫絶唱シンフォギアGEPISODE11ディスティニ...
→ツバサがクリスに鉄砲で撃たれるクリ:さよならだШ>これは預からせていただきますねシラベ)皆を止めて凸r>これがFISの求めていたフロンティア*[移住するはらじゃねえかな+ヒヒ... ...続きを見る
ぺろぺろキャンディー
2014/06/10 01:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦姫絶唱シンフォギアG 第11話「ディスティニーアーク」 水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる