水の小屋Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ノブナガ・ザ・フール 第5話「塔 THE TOWER」

<<   作成日時 : 2014/02/07 16:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(C)河森正治・サテライト/ALC/GP/ノブナガ・ザ・フール製作委員会
画像
画像

相変わらず話の合わないノブナガと父親。
でもまあ、父、ノブヒデのノブナガが兵の心を知らないというのもある意味正しい指摘かな。

戦場の兵士には慕われているっぽいのだけど、家来達ほとんどから疎まれているようでは父が心配するのも無理はない。


画像
画像
画像

で、勝手に出撃しようとしたところ、毒を盛られて倒れ、そこをタケダ軍に攻め込まれます。

いや、他国が攻めてきたらまずは1話の時みたいに国境の砦から攻められるだろうに、いきなり居城に攻め込まれるってどんな奇襲だという気はします。
逆にここ最近の戦闘からタケダ軍がまだ自分たちの領地に戻っていないという状態なら、自分たちの領地からタケダ軍追い出さなければならないのだから、ノブナガの主張は当然で、他の武将がバカすぎだろう。

展開の都合と片付けるにはちょっと無理矢理な襲撃だったと思います。


画像

ノブナガが倒れ、ノブヒデ自ら出陣する事になりますが、その前のイチヒメとの会話で、なんだかんだ言って暗殺まで企んでいた家来達と違って、父はノブナガの事を大事に思っている事が分かります。


画像
画像
画像

戦闘に入る父、ノブヒデの姿が予想外に格好良い。結局最初で最後の出陣になってしまいましたが、もっと見たかったな。

一方ノブナガが倒れたのは、家来達の企みを知っていたミツヒデの計略。
ノブナガの言ったとおりになり、かつその時にノブナガがいないとどうなるかというのを、他の武将達に分からせるかなり危険な手でした。


画像
画像

そして美味しい場面でノブナガとザ・フール出陣と思ったら、割って入ってくる西の星のカエサル。
今回のアバンで出てきますが、狙いはイチヒメらしい。まあただの変態ですね(笑)。


画像
画像

イクサヨロイで爆弾抱えてシンゲンの機体に突っ込むジャンヌ。

おい、いつのまにそんな事出来るようになったんだ。
これが出来るようになるエピソードだけでも、もう少し膨らませられただろうに、あっさり片付けたのは勿体なかったと思います。


画像
画像

ノブナガはシンゲンの前から動けず、城、というかイチヒメ(笑)に向かって突っ込んでくるカエサルを止めるためにノブヒデが犠牲になります。

なんか想定外の自体とミツヒデが悔やんでますが、これはどうしようもなかった状況でしょう。
毒を盛る一連の策を行わずに最初からノブナガが出陣していてもどうにかなったとは思えないし、それでノブヒデが出陣していなかったら、それこそイチヒメさらわれていたかもしれないですから。



画像
画像

怒れるノブナガとザ・フールの力でカエサルとシンゲンは撤退。
シンゲンはずっとこんな撤退の仕方ばかりだなあ。

今回の話、シンゲンが攻め込んでくるのとカエサルが攻め込んでくるの分けて良かった気もします。
あえて共闘なんてしなくても今のカエサルならノブナガでも止められなそうだし、まして他の兵士では相手にならないでしょう。
カエサル単体で攻め込んでくるなら、いきなりオダの居城に現れても不思議は無いのだから。

さて、現在の当主を失い普通に考えてノブナガが後を継ぐでしょうが、彼を嫌っている武将達とこれからどうなっていくのでしょうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノブナガ・ザ・フール 第5話「塔 THE TOWER」  水の小屋Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる